アボルブ

アボルブ (一般名:デュタステリド dutasteride)

アボルブ

アボルブ(デュタステリド)はプロペシア(フィナステリド)と同じく5-α還元酵素(5-αリダクターゼ)を阻害してAGAの進行を抑える薬剤です。プロペシアと同様に、元々は前立腺肥大の治療薬として開発された薬剤ですが、AGAに対しても進行を抑制したり、発毛を促したりする作用があることがわかり、AGA治療薬として用いられるようになりました。2009年には韓国でAGAの治療薬として承認されています。
アボルブ(デュタステリド)はプロペシア(フィナステリド)と作用機序が似通っておりますが、プロペシア(フィナステリド)よりも強い発毛効果があることが知られています。

アボルブの作用機序

AGA、前立腺肥大症、両者の主な原因のひとつに男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の働きが挙げられます。男性ホルモン(テストステロン)と5α還元酵素が結びつくとDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されてしまいます。このDHT(ジヒドロテストステロン)の濃度が高くなると前立腺が肥大したり薄毛が進行したりします。

アボルブは5α還元酵素の働きを阻害させDHT(ジヒドロテストステロン)を生成を抑制することで効果を発揮します。

プロペシアがAGAの原因と考えられているDHTを産生する5-α還元酵素のうち、2型にのみ効果を発揮するのに対し、アボルブは1型と2型両方の酵素に対して効果を発揮します。

海外の臨床試験ではデュタステリド0.5mgとフィナステリド1mgの服用者を比較すると、デュタステリドを服用していた人の方が発毛効果が約1.6倍あったことがわかっています。また、毛髪が太くなる効果も期待できます。

このようにアボルブの有効成分であるデュタステリドはプロペシアの主な効果であるAGA進行遅延効果に加え、プロペシアよりも更に積極的な発毛効果が期待できる薬剤です。プロペシアで効果が乏しかった方にアボルブはよい治療選択肢となります。

アボルブとザガーロは同じ成分です

アボルブの有効成分であるデュタステリドは日本では2009年に前立腺肥大症の治療薬としてのみ承認され、AGA治療薬としては未承認でしたが、2015年9月28日、「ザガーロ」の名称でAGA治療薬として新たに厚生労働省から正式承認されました。

アボルブとザガーロは名称の違いだけで有効成分は同じ「デュタステリド」です。詳しくはザガーロの紹介ページをご覧ください。

ユナイテッドクリニック東京各院ではザガーロが承認される以前からAGAの治療薬としてアボルブを取り扱っておりました。そのため、現在でもアボルブの処方を継続しております。

アボルブの効果

治療の期間、初期脱毛など、基本はザガーロと同様です。

アボルブの効果が確認できるまで早い方で3~4ヶ月程度ですが、通常は最低6ヶ月間の連日投与が必要となります。、1年~3年続ける事で多くの人が抜け毛の進行が止まったと感じるようになります。ただし効果には個人差がありますので6ヶ月服用しても効果が見られない場合は医師にご相談ください。

アボルブの服用方法

1日1錠をお好きなタイミングで服用してください。食前・食後は問いません。

アボルブの副作用

副作用として性欲減退、勃起機能不全、食欲不振、肝機能異常の症状が出ることがあります。(どちらもごく稀なケースです)

ただしプロペシアに比べて抜け毛を抑える作用が強いため、プロペシアと比較して副作用が出やすくなる場合がございます。こうした副作用と感じられる症状が表れた際には、すぐさま服用を止めて、必ず医師にご相談ください。

またアボルブの有効成分であるデュタステリドは前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSA(前立腺特異抗原)の数値を変化させ、その値が正常値の半分になってしまう可能性がありますので、健康診断やかかりつけ医を受診する際にはアボルブを服用していることを伝えてください。アボルブ服用中止後6ヶ月以上経てば影響はなくなります。

PAGE TOP
タップで電話発信します
045-594-9983
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト