ED治療

ED(勃起不全・イーディー)

EDとはErectile Dysfunctionの略称で、勃起障害や勃起不全と訳されます。勃起がまったくできない状態はもちろん、中折れ症状や勃起の硬さが出ない、満足のいく性行為がおこなえない場合もEDの症状に当てはまります。勃起が可能だからEDではない、と思っている方も多いですが決してそうではありません。

日本では潜在的なED患者は軽度の方まで含めると1800万人ともいわれており、また年齢を重ねるごとに有病率が上がるため、高齢化社会に伴いED症状に悩んでいる男性は年々増加しています。

現在、ED治療は内服薬による治療が主流です。一般の方にも有名なED治療薬としてはバイアグラが挙げられますが、バイアグラの弱点である食事の影響や副作用の多さなどを改善したレビトラやシアリスも人気です。これらのED治療薬は勃起に関係している酵素PDE-5の働きを抑制し、陰茎の血管を拡張させ血流を増やすことで勃起を改善させるPDE-5阻害剤とよばれる薬剤です。

ED治療薬 比較表

バイアグラが標準的なED薬です。近年シアリスが最も服用されています。

バイアグラ レビトラ シアリス
用量 25mg 50mg100mg 5mg 10mg 20mg 10mg 20mg
効果が出るまでの時間 30分~1時間 10~30分 1~2時間
効果持続時間 3~6時間 5~8時間 30~36時間
食事の影響 受けやすい 多少受ける ほとんど受けない
特徴 累計処方実績No.1
標準的なED薬
65歳以上は20mgの適応なし 副作用が最も少ない
近年主流のED薬

ED治療薬の副作用

すべての薬剤には副作用が存在します。ED治療薬も例外ではありません。ED治療薬の代表的な副作用としては顔のほてり、頭痛、目の充血、動悸、青視症などがあります。これらの副作用は個人差があるものの、いずれも一時的な症状で後遺症を残すような副作用ではありません。頭痛が出る方はロキソニンなどの市販の頭痛薬と併用していただいても問題ありませんのでご安心ください。

ED治療薬の禁忌

以下に該当する方はEDの薬剤は処方できません。

  • 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤を(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の方
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる方
  • 重度の肝機能障害のある方
  • 低血圧の方(血圧<90/50mmHg)または治療による管理がなされていない高血圧の方(安静時収縮期血圧>170mmHgまたは安静時拡張期血圧>100mmHg)
  • 脳梗塞、脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6カ月以内にある方
  • 網膜色素変性症の方

心筋梗塞や狭心症の既往がある方でニトログリセリンや硝酸薬を使用中の方はED治療薬を処方することができません。また心臓のカテーテルを行わなければならないような血管の狭窄がある方もED治療薬の処方はできません。ただし禁忌薬を服用しておらず、心臓の状態が落ち着いている場合はED治療薬が服用可能な場合もありますので、医師にご相談ください。

心臓の薬以外にも、ED治療薬には一緒に服用してはいけない禁忌薬が存在しています。持病があり服薬治療中の方はユナイテッドクリニックを受診する際、お薬手帳等の服薬内容がわかるものを持参してください。

EDの原因

年齢を重ねるとEDは発症しやすくなります。しかし歳のせいばかりではありません。生活習慣病である糖尿病や高血圧、高脂血症といった疾患により動脈硬化が引き起こされると、十分な血液が陰茎海綿体に送られなくなりEDを発症しやすくなります。これを器質性EDと呼びます。

またストレスを溜め込んだり、パートナーとの人間関係がうまくいかなかったりといった原因により、性的興奮が陰茎に伝わらなくなると若い人でもEDを発症します。これを心因性EDと呼びます。

器質性EDと心因性EDが混じった混合型EDという状態もあり、実際のEDはこの混合性EDが多いといわれています。

上記以外にも薬剤が原因となって発症する薬剤性EDや脳・神経の病気によって引き起こされるED、手術・外傷により引き起こされるEDなど、様々な原因によってEDは発症します。

個人輸入でのED治療薬購入は偽物・偽造品が多く危険です

ネット等の通信販売や個人輸入代でED治療薬を購入する方がいらっしゃいます。通販等のED治療薬は口コミで評判だとしても偽物や偽造品が多いため危険です。個人輸入で流通しているED治療薬の半数以上は偽物であった、という報告もございます。ED治療薬の偽造品は治療効果がないばかりではなく、思わぬ健康被害を引き起こすことがあります。実際に海外では偽造シアリスによる死亡例もありますので安易な服用は控えるようにして、病院・クリニックで医師が処方する薬剤を服用するようにしましょう。

EDに関するよくある質問

Q.40歳を過ぎたあたりからEDに悩まされています。歳を取るとEDになるのはしょうがないのでしょうか?
A.EDは年齢とともに発症しやすくなりますが、それだけではありません。糖尿病や高血圧などの生活習慣病により引き起こされている場合もあります。また日常の精神的ストレスなど心因的な要因、抗うつ薬や降圧剤などの薬剤によりEDを発症する場合もあります。
現在70歳ですがED治療薬は服用しても問題ありませんか?
A.バイアグラ、シアリス、レビトラいずれのED治療薬も年齢によって制限を受けるということはありません(ただしレビトラ20mgのみ65歳以上は原則服用できないことになっています)。健康状態に問題がなく、ED治療薬と飲み合わせの悪いお薬を服用していなければ70歳代でも80歳歳代でも問題ありません。
Q.妊活中ですがED治療薬は妊娠に影響するのでしょうか?
A.ED治療薬を用いて子作りしても薬剤が胎児に影響するということはありません。安心して使用してください。
Q.ED治療薬を購入するのが初めてなのですが、どれくらい試せばいいでしょうか?
A.ED治療薬は食事やアルコールの影響を受けやすい薬剤です。また緊張や不安のため1~2回のお試しだと十分な効果判定ができない可能性があります。服用4回目までは効果が得られる方の割合が増えてくることがわかっていますので最低4~6回程度は試すようにしましょう。
Q.ED治療薬は偽造品が多いといわれているので心配なのですが大丈夫でしょうか?
A.ネット等の個人輸入で販売されているED治療薬の約60%が偽造品である、という報告がありますので個人輸入で購入したED治療薬は大変危険です。病院・クリニックで処方されるED治療薬に偽造品はありません。ED治療薬は医師の処方のもと、クリニックで購入するようにしましょう。
PAGE TOP
タップで電話発信します
045-594-9983
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト