シアリスジェネリック

シアリスジェネリック

ED治療薬のバイアグラジェネリックは既に日本製のものが各メーカーから製造・販売されていますが、シアリスジェネリックは海外でしか製造・販売されていません。しかし、2018~2019年には日本製のシアリスジェネリックが認可・販売されるのではないかと噂されており、発売が待たれるところです。シアリスはタダラフィルを主成分とする日本イーライリリー社と日本新薬が製造・販売するED治療薬です。

シアリスジェネリックはシアリスと比較しても効果・副作用が同等で開発コストが安いため、販売の価格(値段)もシアリスより安くなります。口コミで人気のユナイテッドクリニック横浜駅前院でも国産シアリスジェネリックの処方が開始されれば、可能な限り最安値(最安)で即日、処方箋不要で処方いたします。シアリスジェネリックの処方は安全・安心のクリニック(病院)処方をおすすめいたします。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)の特許期限が切れた後に、名前を変えて発売される同じ成分の薬のことを指します。近年では、日本のクリニックでも積極的に使用されるようになり、テレビでもジェネリックについて宣伝されているので、ご存じの方も多いと思います。

つい数年前までは、ジェネリックの事を医師の間では、同じような成分の薬がぞろぞろ出てくることから「ゾロ」などと呼んでおり年配の方はゾロの方が聞き慣れているかもしれません。ジェネリックは先発品と同じ成分で同じ効果があり、値段が安いため、急速に普及しています。

このようにジェネリックはとても便利な薬ですが、通常はその先発品の特許が切れてからではないとジェネリックは製造・発売する事はできません。日本でのシアリスの特許権が満了するのはもう少し先ですが、海外ではシアリスジェネリックの本物・正規品は存在しており、実際に流通しています。

シアリスとは

シアリス処方

シアリス

シアリス(タダラフィル)はバイアグラ・レビトラに続いて世界で3番目に販売されたED治療薬で、日本では2007年から製造販売されていますが、国際的な誕生は2002年10月で、発売以来、世界100ヵ国以上で1,000万人以上の患者さんに使用されています。

*ユナイテッドクリニック横浜院ではシアリスによるED治療を推奨しています。

2013年8月にはED治療薬(PDE5阻害薬)としての全世界シェアが42%となり世界市場で堂々の第一位となったことも発表されました。

シアリスは、従来のED治療薬バイアグラ(シルデナフィル)・レビトラ(バルデナフィル)と違い、極量の20mgですと投与後36時間までその有効性が認められており、あらかじめ成分を体内に吸収させてしまえば食事の影響をほとんど受けないため、患者さんにとって焦りやプレッシャーのないED治療の新たな選択肢となっています。金曜日の夜に服用すれば日曜日の昼間まで長時間作用することから「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

ユナイテッドクリニック横浜駅前院でもシアリスとバイアグラジェネリックは人気の高い評判のED治療薬です。

シアリスジェネリックとは

国産シアリスジェネリックの動向

2018~2019年に国産シアリスジェネリックが販売された場合、その名称は「タダラフィル」+mg数+「会社名」になると予想されます。例えば『タダラフィル20mgOD「トーワ」』などといった名称です。バイアグラジェネリックを販売した東和薬品、キッセイ薬品やファイザー社などの会社からシアリスジェネリックも販売されることが予想されます。シアリスジェネリックが発売された場合、その多くは主に東京や大阪などの都市部を中心に流通すると考えられます。シアリスジェネリックの用量はシアリスと同じく5mg錠、10mg錠、20mg錠になる可能性があります。ただし、シアリス5mg錠はあまり需要がないため、シアリスジェネリック5mg錠は販売されないかもしれません。

シアリスジェネリックの効果

シアリスジェネリックはタダラフィルを主成分としているため、その効果はシアリスとまったく同じです。先発品とジェネリック医薬品を比べるとジェネリックでは効果が無かったという方もいらっしゃいますが、「生物学的同等試験」において生物学的に同等と認められたものしかジェネリック医薬品と名乗ることができません。これは世界共通の基準ですので、シアリスジェネリックがシアリスと比べて効果がない、ということは理論上ありえません。

従来のED治療薬であるバイアグラ(シルデナフィル)・レビトラ(バルデナフィル)はその効果継続時間が約4~6時間で、食事の影響を受けやすく、服用のタイミングや効果継続時間に気を使わなくてはなりませんでした。それに対してシアリスは服用後、10mgで20~24時間、20mgで30~36時間という長時間にわたり勃起機能を改善する効果が認められており、シアリスジェネリックもシアリスと同様の効果を得ることが出来ます。マイルドな作用で自然な勃起を促すため、人気のED治療薬です。

もちろん「効果が長い=勃起しっぱなし」というワケではなく、シアリスジェネリックもバイアグラやレビトラ同様、勃起するためには性的な刺激が必要不可欠です。効果が持続している間に性的な刺激を与えれば勃起しますし、刺激を与えなければ勃起しません。

シアリスジェネリックの服用・飲み方

シアリスジェネリックの飲み方・服用方法はシアリスと同じです。長時間作用型のED治療薬のため、いつでも服用することが出き、マイルドな効果が持続します。効果発現は服用後1~2時間で、食事・アルコールの影響も、最も受けにくいED薬です。ただしシアリス・シアリスジェネリック5mg錠は勃起改善効果が弱いため、通常処方することは殆どありません。

シアリスジェネリックの副作用

シアリスジェネリックとシアリスの副作用は同程度になります。

シアリスの添付文書によると、

国内データ:承認時までに、国内用量反応試験において本剤5mg〜20mg群に割り付けられた総症例257例中70例(27.2%)に副作用が認められた。主な副作用は頭痛29例(11.3%)、潮紅13例(5.1%)、ほてり9例(3.5%)、消化不良6例(2.3%)等であった。

外国データ:外国で実施されたプラセボ対照二重盲検並行群間比較試験(13試験)において、本剤2.5mg〜20mg群に割り付けられた総症例2047例中599例(29.3%)に副作用が認められた。主な副作用は頭痛258例(12.6%)、消化不良139例(6.8%)、背部痛63例(3.1%)、筋痛57例(2.8%)、潮紅51例(2.5%)、鼻閉35例(1.7%)、四肢痛34例(1.7%)等であった。“

以上がシアリスの副作用ですので、シアリスジェネリックの副作用も基本的には同じです。

一般的に報告されているシアリスの副作用として多いものは、頭痛や顔が赤くなる、ほてるなどで、症状としてはバイアグラやレビトラと同じですが、作用時間が長い分、副作用もマイルドなことが多いです。

シアリスジェネリック服用の注意点

シアリス・シアリスジェネリックは他のED治療薬と比べると、効果発現までに多少時間を要します。また効果発現時間にも個人差が出やすく、効果が出るまでの時間が通常の方よりもかかる方がいますので、少し早めの服用がおすすめです。

シアリスジェネリックは食事の影響を受けないと言われておりますが、ED薬3剤の中では最も受けにくい、というのが正確な表現です。シアリスジェネリックを服用した場合の摂取可能な食事量は800kclという制限がついていることを覚えておきましょう。

バイアグラ・レビトラと同様に、シアリスジェネリックも食前の空腹時に飲むことをお勧めしております。もし、食後に飲む時は脂っこい食事は避け、蕎麦やうどん、お寿司等、あっさりしたものを腹7分目くらいにし、また食後2時間くらい空けてから服用してください。

ED薬を服用することが初めてであったり、緊張や不安が強かったりする場合、きちんとした薬の効果が見られない可能性があります。ただし服用4回目までは効果が見られる方の割合が増えていきますので、1~2回服用して効果がなかった場合でも、あきらめずに5~6回服用し効果判定するようにしましょう。

ただしEDの程度が強いケースでは、シアリスジェネリック服用で効果が見られない可能性もあります。5~6回服用しても効果が認められない場合にはクリニックの医師と相談し、より勃起改善効果の強いレビトラ20mg錠への切り替えや対応を検討したほうがよいでしょう。

アドシルカ・ザルティアはシアリスジェネリック?

「アドシルカ」と「ザルティア」という薬剤があります。いずれの薬剤の主成分もシアリスと同じ「タダラフィル」ですので、シアリスのジェネリックだと誤解されている方がいらっしゃいますが、適応症がED治療と異なるため、シアリスジェネリックではありません。アドシルカは「肺動脈性高血圧症」(肺高血圧症)の薬、ザルティアは「前立腺肥大症」の薬として認可されています。ED薬と肺の薬、前立腺の薬が同じ名前では混乱してしまうため、それぞれの薬剤で「用途特許」を取得し新薬として販売されています。

またタダラフィルは使用する病気によって作用機序が異なります。PDE-5を阻害するというのは共通していますが、作用する部位により、効能・効果が変わります。アドシルカ・ザルティアの有効成分はタダラフィルですので副作用はすべてシアリス・シアリスジェネリックと同様の副作用です。またアミオダロンなどの併用は禁忌となります。

海外シアリスジェネリックとは

バイアグラ

日本ではバイアグラジェネリック(シルデナフィル)だけがED治療薬のジェネリックとして流通していますが、レビトラやシアリスの海外製ジェネリックも特許権事情などの違いにより世界中で販売されています。ファイザー社が販売するバイアグラのジェネリックは以前からマイラン社が販売していましたが、これはファイザー社とマイラン社が後発医薬品事業で提携しているためでした。

バイアグラの先発医薬品メーカーであるファイザー社もシアリスジェネリック「タダリフト」を販売しております。また、インドのシアリスジェネリックでよく知られているものとして、アジャンタファーマ社「タダリスSX」、シプラ社「タダシップ」、マクレオーズ社「メガリス」などが挙げられます。

いずれのシアリスジェネリックも主成分をタダラフィルとしたED治療薬ですので、効果、副作用、飲み方・服用方法、注意点、禁忌、併用禁忌薬などシアリスとすべて同じです。これらは偽物でない限り、政府に認可された正規品のシアリスジェネリックです。

シアリスジェネリックのネット通販・個人輸入代行には要注意

2017年5月現在、シアリスジェネリックは日本国内では流通していないため、入手するにはネット通販や個人輸入代行、病院を利用するしかありません。多くの通販サイトにシアリスジェネリックの体験・体験談・感想・レビューなどが書いてあり、格安・激安で輸入することが出来ます。シアリスジェネリックの2chも存在しているそうです。

しかし、ファイザー株式会社、バイエル薬品株式会社、日本イーライリリー株式会社、日本新薬株式会社が合同で調査したところ、インターネットで流通しているシアリスの約60%が偽造薬であることがわかりました。偽造薬は有効成分が含まれないだけでなく、重篤な健康被害を引き起こす可能性があります。また、ネット通販や個人輸入代行を利用して購入した薬で重篤な副作用など何か問題があった場合は「医薬品副作用被害救済制度」も利用することが出来ず、すべて自己責任の上で解決していかなければなりません。

時折、「シアリスの100mgという薬を頂いていたのですが、そちらでは取り扱っていますか?」というお問い合わせを頂くのですが、イーライリリー社から販売されいる正規のシアリスは5mg錠、10mg錠、20mg錠の3つしか存在せず、40mg、50mgや100mgというものはありません。シアリスは20mgより上の用量のものはすべて偽物であり、危険ですので服用するのをやめましょう。100mg飲んでいて効果があるという方もいらっしゃいましたが、それは偽物にタダラフィルの成分が含まれている偽物であった為でしょう。効果があったからといって偽物には違いがありません。また日本国内でもシアリスの偽物・偽造品の服用による死亡例の報告もありますのでご注意ください。ご自身の体はご自身でお守りください。

ネット通販などで手に入る薬はクリニックで購入するものより割安なものが多いため、つい手を出したくなりますが、安いには安いなりの理由があり、様々なトラブルの原因となります。病院・クリニックなど医療機関では、医師が管轄の厚生局(厚生労働省の出先機関)の承認を得て薬監証明を取得すれば、本物のシアリスジェネリックを処方することができます。ED治療薬は必ず信頼できる医療機関で処方してもらうようにしましょう。

ED治療、ED治療薬、シアリスジェネリック処方は安心・安全性あるクリニック(病院)での処方(購入・販売)をお勧めいたします。ユナイテッドクリニック横浜駅前院は人気のED薬の種類を多くそろえており、即日、処方箋不要で院内処方しております。薬局に処方箋を持っていく必要がありません。また価格(値段)を安く抑えており、シアリスジェネリックの効果、副作用、飲み方(服用)について説明の後すぐ処方いたします。

ユナイテッドクリニック東京(池袋・新宿・渋谷・上野・新橋)・横浜・大宮(さいたま)・福岡博多の各院は池袋・上野・新橋・横浜・大宮で診療をおこなっております。東京・神奈川・埼玉のみならず、大阪・名古屋・福岡・仙台・北海道など全国各地から多数ご来院されます。

PAGE TOP
タップで電話発信します
045-594-9983
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト